犬山市・大口町・扶桑町で弁護士事務所ならこじま法律事務所

完全予約制~お問い合わせください~

完全予約制~お問い合わせください~

  • こじま法律事務所イメージ画像1~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
  • こじま法律事務所イメージ画像2~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
  • こじま法律事務所イメージ画像3~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
  • こじま法律事務所イメージ画像4~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
  • こじま法律事務所イメージ画像4~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
  • こじま法律事務所イメージ画像5~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
こじま法律事務所イメージ画像1~皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい
皆様の身近な相談役として法律の力で日々の生活を明るくしたい

丹羽郡(扶桑町)こじま法律事務所の新着情報

ゴールデンウィーク 休業期間のお知らせ

誠に勝手ながら、4月30日(金)から5月5日(水)までの期間を休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

事務所移転のお知らせ

3月22日より、当事務所は丹羽郡扶桑町柏森辻田332番地に移転しました。

事務所移転のお知らせ

当事務所は、事務所を移転することになりました。 詳細はこちらを御覧ください。

臨時休業のお知らせ

事務所の移転に伴い、3月17日(水)午後、18日(木)、19日(金)を臨時休業とさせていただきます。ご理解のほど、お願いします。

年末年始休業のお知らせ

弊事務所は、本年の営業を12月25日(金)までとし、2020年12月26日(土)~2021年 1月 4日(月)を年末年始休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

はじめましてはじめまして

こじま法律事務所のホームページにご訪問いただきありがとうございます。
犬山市の事務所を拠点に約3年にわたって業務を行ってきましたが、
令和3年3月に丹羽郡扶桑町に事務所を移転しました。
開業以来、地域の皆さまや中小企業の皆さまにとって身近な法律事務所になることを目標に、法律の力で日々の生活を明るくすることを理念として、業務に励んでまいりました。
法律問題は複雑な問題を含んでおり、対面でコミュニケーションを行うことが重要です。電話やメールではなく、直接お会いして話し合うことが問題の解決には最適だと考えています。出張相談にも応じていますので、事務所にお越しになるのが難しい方はお気軽にお尋ねください。
弁護士という敷居が高い印象があるかもしれませんが、困ったときは専門家に相談することで解決することもあります。お困りごとがありましたら、遠慮なくご相談ください。

愛知県弁護士会所属 弁護士 小嶋道明

取扱業務

  • 交通事故

    交通事故

    「まさか自分が交通事故の被害者になるはずがない」
    交通事故の被害者の方は、みなさまそう思われていた方ばかりです。
    しかし、実際にはどのような方にも起こりうるのが、交通事故です。

    もっと読む →
  • 離婚・男女問題

    離婚・男女問題

    離婚問題や不倫の慰謝料問題など、家族や男女を巡る問題を抱えると、人は非常に強いストレスを感じます。デリケートな問題であるため、親しい人にも相談しづらく、一人で抱え込んでしまう方が多いのも特徴的です。

    もっと読む →
  • 相続問題

    相続問題

    相続人が財産を巡って争う「争族」が発生してしまうと、親族同士である故に複雑な感情が入り混じり、深刻な事態に陥ります。そのような状況から早く抜け出すためには適切な対応が必要です。

    もっと読む →
  • 一般民事

    一般民事

    ご自身では「些細なこと」と思っていても、弁護士がお伺いしたら、大きな法律トラブルが明らかになるケースがあります。どのようなお悩みにも親身になって対応いたしますので、構えることなく、ご相談ください。

    もっと読む →
  • 労働問題

    労働問題

    不当解雇、残業代不払い、セクハラ、パワハラ、超過勤務など、「働くこと」に関するトラブルは尽きません。「労働」は「生活」にも直結するため、労働トラブルの当事者になった場合の苦しみや口惜しさは、計り知れないものです。

    もっと読む →
  • 債務整理

    債務整理

    借金の負担が重すぎる場合、「破産」や「民事再生(個人再生)」などの法的整理や、貸金業者と交渉する「私的整理(任意整理)」により、負債を整理する必要があります。

    もっと読む →
  • 刑事・少年事件

    刑事・少年事件

    刑事事件で不利益を小さくするためには、早急な対応が重要です。スピーディに対応したら、不起訴処分により、前科がつくことを防ぐこともできますし、無罪も争いやすいものです。ご自身やご家族が刑事事件・少年事件の当事者となったら、お早めに弁護士までご相談ください。

    もっと読む →
  • 企業法務

    企業法務

    個人事業主でも株式会社などの法人でも、取引先や公官庁、顧客や労働者との間でのトラブルを「完璧に避ける」ことは困難です。そのようなとき、リスクマネジメントと予防法務が重要です。

    もっと読む →

ご相談の流れ

ご予約、ご来所・ご相談、費用などのご説明、事件のご依頼ご予約、ご来所・ご相談、費用などのご説明、事件のご依頼
ご相談の流れ ご相談の流れ

費用について

相談料

■個人のお客様 30分から45分程度 5,500円(税込)
交通事故等の弁護士費用特約、法テラスの無料相談をご利用いただけます。
■事業者のお客様 30分5,500円(税込)

弁護士費用の概要

※あくまでも概要になります。個別の案件ごとに費用が異なりますので、弁護士にお尋ねください。以下の費用(税別)に加えて、裁判所に納める費用、旅費等(実費)が発生することがあります。

民事事件(交渉・調停・訴訟)

経済的利益の金額 着手金 報酬金
300万円以下 8.8% 17%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5.5%+10万円 11%+20万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3.3%+75万円 6.6%+150万円

※最低着手金は原則として22万円(税込)とします。
ただし、交通事故、労働事件(労働者側)等の案件の場合、事案に応じて、着手金を20万円以下にする場合があります。

離婚事件

  着手金 報酬金
離婚交渉 27万円 27万円
離婚調停 33万円 33万円
離婚訴訟 44万円 44万円

※調停から訴訟に移行した場合、訴訟の着手金は、11万円(税込)とします。
※慰謝料、財産分与等の経済的利益が生じた場合は、前記「民事事件」報酬金の算定方法に準じて、別途その金額の11%の報酬金が発生します。

債務整理

  着手金 報酬金
自己破産(個人) 33万円(税込)~ なし
自己破産(法人) 55万円(税込)~ なし
個人再生 44万円(税込)~ なし

刑事事件(事案簡明な事件の場合)

  着手金 報酬金
捜査弁護(公判請求前) 33万円(税込)~ 33万円(税込)
公判弁護(公判請求後) 33万円(税込)~ 33万円(税込)

※報酬金が発生する場合
捜査弁護:不起訴又は略式裁判で罰金となった場合
公判弁護:無罪、執行猶予又は求刑よりも軽減された場合
*捜査弁護から引き続き公判弁護を依頼する場合、公判弁護の着手金は22万円(税込)とします。

弁護士紹介

弁護士 小嶋道明

小嶋 道明

愛知県犬山市出身
1977年生まれ

【主な経歴】
愛知県立犬山南高校卒業
立命館大学法学部卒業
立命館大学法科大学院修了

弁護士登録 2010年
愛知県弁護士会所属

大学卒業後、愛知県内の信用金庫に勤務をしましたが、弁護士になる夢を捨てきれず、司法試験に挑戦。司法試験に複数回挑戦した後、法科大学院を経て32歳のときに合計6回目の挑戦で合格することができました。
そして、岐阜市の法律事務所で弁護士としての第一歩を踏み出しました。法律事務所では、離婚事件や労働事件、刑事事件など、さまざまな事件を扱いました。
  その後、メーカーや専門商社に企業内弁護士として勤務し、契約書の審査や社内のコンプライアンス研修などを行いました。企業内弁護士としての生活は、上司や同僚にも恵まれ、安定していました。
  ただ、一度の人生を悔いのないものにしたいと一念発起し、生まれ育った犬山市に法律事務所を開設しました。
開業後も、さまざまな人や会社とのご縁がありました。このたび事務所を丹羽郡扶桑町に移転しましたが、この地で暮らす方々のために、引き続き尽力してまいります。

【ひとこと】
「イメージしていた弁護士像と違って、話しやすい」。初めてお会いする方からは、よくこのように言われます。
いい意味で、職業との“ギャップ”がある、ということでしょうか。
人生には、楽しいことやつらいことなど、さまざまな出来事が起こります。たとえ苦しいことであっても、乗り越えて人生の糧にしたいものです。地域の皆さまが不安や困難を乗り越えるためのお手伝いをし、地域に貢献できるよう、法律の専門家として努力してまいります。

  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
  • 小嶋法律事務所
小嶋法律事務所

よくあるご質問

営業時間は、何時から何時まででしょうか?

9時から17時30分までになります。

夜間、土日に相談は可能ですか?

土曜日・日曜日はお休みですが、事前にご予約いただければ、夕方に対応することもできます。できるだけ早めにご予約を頂けますと調整がしやすくなります。

電話相談やメール相談は可能ですか?

申し訳ございません、受け付けておりません。しっかりとお話をうかがった上での回答をするために、直接お会いすることが最適だと考えております。

自宅に来てもらうことは可能ですか?

ご事情によっては自宅での相談も可能です。まずはお問い合わせください。また、病院に入院中の場合、病院での相談も同様です。

相談だけでもいいですか?

相談していただき、検討のうえご依頼されなくても構いません。また、こんなことを相談してもよいのかと迷われることであっても、遠慮なくご相談ください。相談の結果、問題が大きくなる前にご相談いただいた方が解決の方向性を見つけやすいこともあります。早めの相談をおすすめします。

弁護士費用はいくらぐらいですか?

相談料は、個人のお客様 初回 30分から45分程度 5,500円(消費税込み)、事業主のお客様 30分5,500円(消費税込み)となっています。ご依頼いただいた場合の費用は、「弁護士費用の概要」にも目安を記載していますが、個別の事案によって異なります。ご相談時に、費用のお見積りをいたしますので、お問い合わせください。

ご不明な点はお気軽にご連絡ください

弁護士 小嶋道明