犬山市・大口町・扶桑町で弁護士事務所ならこじま法律事務所

完全予約制~お問い合わせください~

完全予約制~お問い合わせください~

離婚調停の流れ

申立書が受理されてから約1カ月後に第1回調停期日が指定されます。指定された時刻を目安に、余裕をもって家庭裁判所へ行きましょう。

夫婦別々説明も可能

ここでは、妻(申立人)が夫(相手方)に離婚調停を申し立てたと仮定して、説明してきます。

調停が始まるまで待合室で待ちますが、夫とは別々の部屋ですので、顔を合わせる心配はありません。離婚調停は男女各1名の調停委員が担当します。時間になると調停委員の方が呼びに来て、部屋に案内されます。

まず、調停手続に関する一般的な説明が行われます。裁判所によっては、夫婦同席で行うところもあるようです。どうしても同席に耐えられない場合、別々に行うこともできるので、安心してください。

概ね30分ほどで交代

説明後、妻に対して、離婚を求める理由や結婚生活の内容、離婚後の生活についての考え、子どもがいる場合は親権者の指定や面会交流などを尋ねます。時間は30分ほどです。終了後、いったん待合室へ戻り、次は夫から事情を聞きます。こちらも30分ほどです。

その後、調停委員が争いとなっている点や疑問点などについて、再度、妻から話を聞きます。さらに、夫から意見を聞くというように交互に話を聞く形で進められます 。

最後に、次の調停日時を決めます。一般的に1~2カ月後になります。前回の調停で課題となったことについて話し合いが行われます。第2回期日までに資料を準備した場合、資料について質問されることもあります。

なお、調停の結果、夫婦の意見が一致した場合、第1回目の調停期日で調停が成立する場合もあります 。

調停離婚の結果

離婚調停で離婚の合意ができ、離婚する旨の調停が成立した場合、直ちに離婚の効果が生じます。調停で合意した内容は調書にされ、確定判決と同一の効力を持ちます。

仮に調停調書に記載された養育費などお金の支払いが滞った場合、すぐに強制執行(給料や財産の差押え)ができます。

一方、離婚や離婚の諸条件について合意ができない場合、調停は不成立により終了となります。それでもなお離婚したい場合には、離婚訴訟(裁判)を提起しなければなりません。

冷静に話し合いをすることで、最良の決断を

離婚調停は調停委員を通じて、裁判所で話し合いが行われます。夫婦間では感情的になり話し合いが進まない場合でも、裁判所で話し合いをすることで、離婚に向けて話が進むことがあります。

また、今は離婚ではなく別居を継続したいと考える場合は、円満な夫婦関係を目指す「夫婦関係調整調停(円満)」の申立てを検討してみてはいかがでしょうか。相手が離婚を求める理由を確認することができることもありますし、別居時の婚姻費用(生活費)の分担などを決めることもできます。

離婚は自分の人生を決める大切な場面です。後悔のない決断をしていただきたいと思います。